今回は、大阪のディープな楽しみ方をご紹介します。 大阪の新しい魅力を発見する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。 定番観光スポットに飽きた方におすすめですよ!

何度行っても楽しい大阪。しかし、何度も行くと、定番観光地は飽きてしまいますよね。そこで、今回は大阪のディープな部分を中心に、定番観光地に飽きた方必見の大阪穴場スポット5選をご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。


Hemingway大阪で優雅な食事を


ヘミングウェイ大阪は、大阪北港マリーナの中にある海の見えるカフェです。
窓からは、海とマリーナ。
最高な景色の中お食事が楽しめます|

大阪 観光 ヘミングウェイ大阪
出典:ヘミングウェイ大阪
大阪 観光 ヘミングウェイ大阪
出典:ヘミングウェイ大阪

窓から広がるマリーナの海と船の絶景。 大阪北港マリーナの海辺のカフェでスープカレーを食べながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?
友達や、恋人との楽しい時間、一人で過ごすリラックスタイムに一杯のスープカレーがおすすめです。




Hemingway大阪の詳細情報



■住所 


大阪府大阪市此花区常吉2-13-18 大阪北港マリーナ内

■営業時間


[月~金]
12:00~18:00(食事L.O.17:00/飲物L.O.17:30)
[土・日・祝]
12:00~19:00(食事L.O.18:00/飲物L.O.18:30)


■定休日


年末年始(12月31日、1月1日・2日・3日)


■平均予算


ディナー:¥1,000~¥1,999 
ランチ:¥1,000~¥1,999 
(バーベキューはプランにより異なる)


■データ提供


https://hokko.hemingway.cafe/bbq/



コリアンタウンで韓国気分に



次に紹介するのは、「コリアンタウンで韓国気分になる」ということ。大阪には「大阪生野(いくの)コリアタウン」という、東京でいう新大久保のようなコリアンタウンが存在しているのです。JR環状線桃谷駅・鶴橋駅、近鉄鶴橋駅から徒歩約15分程度あればいくことができます。



韓流ショップやコスメのお店、韓国料理屋、食べ歩きのお店が集中していて、まるで韓国旅行にきた気分になります。美味しい韓国料理を食べたり、お買い物をしたりなど、散策してみてくださいね。



生野コリアンタウンの詳細情報



■住所 


大阪府大阪市生野区桃谷3-6生野区桃谷4-5-15


■データ提供


http://ikuno-koreatown.com/


通天閣でディープな雰囲気を楽しむ



大阪 観光 通天閣

出典:Google


次に紹介するのは、「通天閣でディープな雰囲気を楽しむ」ということです。「通天閣」も大阪のシンボル的な存在で、下町にある展望タワーとなっています。登って、大阪の景色を楽しんだことがある方も多いのでは?



大阪 観光 通天閣

出典:Google


しかし、見どころは、「通天閣」だけではありません。地下鉄動物園前駅から通天閣に続く「ジャンジャン横丁」という約180mもある商店街では、安くて美味しいお店がひしめき合っているのです。ぜひディープな雰囲気を味わいに訪れてみてくださいね。



通天閣の詳細情報



■住所 


大阪府大阪市浪速区恵美須東3


パワースポットで運気をあげる



次に紹介するのは、「パワースポットで運気をあげる」ということ。おすすめは、じわじわ話題となっている「難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)」です。大阪の強力パワースポットとも呼ばれているスポットなんです。



ここ「難波八坂神社」ではなんといってもその迫力たっぷりな獅子殿に注目!なんと高さが12メートルもあるそうで、目はライトとなっていて、鼻もスピーカーなんだとか。ちょっとユニークな神社で、ぜひ運気をあげてみてくださいね。また、鯉の形をした恋みくじも人気ですよ。



難波八坂神社の詳細情報



■住所 


大阪府大阪市浪速区元町2-9-19


■データ提供


https://nambayasaka.jp/


枚方T-SITEで優雅なカフェタイム




最後に紹介するのは、「枚方 T-SITE(ひらかたティーサイト)で優雅なカフェタイムを過ごす」ということ。枚方市駅にある「枚方 T-SITE」とは、代官山・湘南に次ぐ3店舗目の「T-SITE」で、とってもフォトジェニックなのです。



地元の人にも愛されているこのスポット。本がずらっと並んでる姿は写真に収めずにはいられませんよね。ぜひおしゃれな「枚方 T-SITE」でのんびり本を読んだり、素敵なカフェタイムを過ごしてみてください。



枚方T-SITEの詳細情報



■住所 


 大阪府枚方市岡東町12-2


■営業時間


7時~25時


■定休日


不定休


■平均予算


場合により異なる


■データ提供


https://store.tsite.jp/hirakata/


いかがでしたか?


今回は、大阪のディープな楽しみ方をご紹介しました。
大阪の新しい魅力を発見する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。
定番観光スポットに飽きた方におすすめですよ!